選「北海道 釧路川」

釧路湿原を蛇行して流れる、全長154キロの釧路川。38種類もの淡水魚が生息し、日本最大の淡水魚、イトウも暮らしている。春は生きものたちの繁殖の季節。ふだん、流れの緩やかな深いふちに隠れているイトウは、雪どけとともに上流を目指し、オスは体を震わせてメスに産卵を促す。川のそばのカラマツ林では、アオサギが集団で巣を作り、子育てを行う。オジロワシに卵を狙われながらも、懸命に次の世代に命をつなぐ。

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事