ニュース速報

「北海道 帯広の森」

北海道東部、帯広市の中心に広がる「帯広の森」。開拓で失われた原生林をよみがえらせようと、50年程前から植樹が始まり誕生した人工の森だ。今や森は野生生物の宝庫。コルリやアカゲラなどの野鳥が子育てを行い、エゾモモンガのオスがメスを巡って争う姿も見られる。森に植えられたマツの実を食べるのはエゾリス。食べ残しや、土に埋めた種などから新しいマツが芽吹く。人が作った森の成長に、動物たちの営みが一役買っている。

8月9日ほか 放送予定へ