ニュース速報

選「小豆島春から初夏」

瀬戸内海で2番目に大きな島、香川県小豆島。島の中央部の山あいには巨大な岩や切り立った岩壁がむき出しの渓谷が刻まれている。東西8キロに及ぶ寒霞渓(かんかけい)である。渓谷の岩場と周辺の森は生き物の宝庫。春、繁殖期を迎えたタカの仲間ミサゴが巣やメスを巡って争いを繰り広げる。また、寒霞渓の西にある渓谷にはニホンザルが集まり、そこには春に生まれた赤ちゃんの姿もある。春から初夏、小豆島で命の営みを見つめる。