世界ふれあい街歩き

マラッカ&クアラルンプール

南国マレーシアの2都市をめぐる街歩き。様々な民族が行き交った大航海時代の余韻を残すマラッカ。首都クアラルンプールでは経済発展著しいマレーシアの今を目の当たりに。 今回は南国マレーシアの2つの街を歩く。マレー半島西岸の港町マラッカは大航海時代以来、ポルトガル、オランダ、イギリスに支配されながら中国人、インド人が移り住み国際色豊かな街となった。そんな歴史を背負った様々な民族の文化と共存の知恵に出会う。一方で経済発展著しいマレーシアの今を見せるのが首都クアラルンプール。超高層ビルが林立する足元には昔ながらの庶民の暮らしも。世界中から人々が集まる街の最前線を見る。