世界ふれあい街歩き

    「時を積み重ねる街 プラハ〜チェコ〜」

    カレル橋や天文時計など、時代の最先端の技術で造られた建造物にあふれる街だが、一方で周囲の国々に大きな影響も受けてきた。さまざまな歴史を積み重ねてきた街を訪ねる。 さまざまな時代と形式の建物にあふれるプラハは、「建築の博物館」と呼ばれている。ヨーロッパの中央にあり、交通や交易の要衝として栄え、時代時代の最先端の技術がもたらされた。一方で周囲の国々に支配される歴史も繰り返した。市民が自由を求めた「プラハの春」では、ソ連の戦車が人々の行動を抑えた。丘には、かつて立っていたスターリンの記念碑は取り壊され、市民によって赤いメトロノームのモニュメントに置き換えられた。