世界ふれあい街歩き

選 文化のクロスロード 「セウタ」

アフリカ大陸にある、スペインの飛び地、セウタ。地中海と大西洋を結ぶジブラルタル海峡に面した要衝で、さまざまな文化が融合する、まさに多様な民族のクロスロードだ。 アフリカ大陸にある、スペインの飛び地、セウタ。地中海と大西洋を結ぶジブラルタル海峡に面する、交通や軍事上の要衝だ。街の入り口にある城塞は、西暦40年に支配したローマが建設を始めたものだが、その後、イスラムの王朝やポルトガルなどの手によって完成した。これまで20回以上も統治者が代わっているが、世界のさまざまな地から商人たちが訪れ、異文化が融合する街が作り上げられている。セウタの魅力に迫る。