わたしのいちオシ #129 秋から冬へ 2

案内人A
2023年12月4日 午後3:30 公開

こんにちは。

ことしもついに、寒~くなってきましたね。空気も急に乾燥してきて、ワタクシの喉も悲鳴を上げています。

NHK放送センター脇の道路のイチョウ並木も急に色づきが進みました。

さて、またもや少し間が空きましたが、今回もみなさんからのいちオシ投稿からご紹介します。

思わず拾いました

さいたま市のvegaさんから11月19日にいただきました。

最近朝晩冷えてきて街中の神社の境内でも紅葉がみられるようになってきました。 鎮守の森の木の根元には 沢山のどんぐりも落ちていたので おもわず拾って子供の頃の様な気持ちになりました。

そうですね、ワタクシもこの光景に出くわしたら、思わず拾い集めてしまいそうです。あったかみのある写真の色合いもいいですね。ありがとうございます!

キツツキ×スイーツ

秦野市の仙翔弘一さんからは。

11月中旬、神奈川県内で撮影したアオゲラの写真です。木々の葉も少なくなり、景色は冬の装いへと変わっていきますが、枝先に残った柿の実のオレンジがより鮮やかに見えます。高い枝に残った柿の実は鳥たちのごちそうで、熟したところからメジロやヒヨドリなどが交互についばんでいき、月が欠けるように小さくなっていきます。そんな鳥たちにまじってアオゲラもやってきました。緑色の羽と赤いほっぺが特徴で、普段は固いものばかりつついているキツツキの一種ですが、甘くてやわらかいスイーツに大満足の様子でした。

ありがとうございます。キツツキの仲間は 木の中に潜んでいる虫を見つけて食べているイメージですが、果実も食べるんですね。柿の実は自然界に存在する中でもかなり糖度の高いスイーツかと思いますが、いろんな生きものの冬支度を支えているんだなあと感じました。

“犯人”は

府中市の遠藤三郎さんからも、野鳥のいちオシをお送りいただきました。

買い物に出かけたとき、車が鳥の糞だらけになっているのにビックリ。 犯人はジョビちゃんでした。 可愛いので怒れません。

ありがとうございます。ジョビというのは、ジョウビタキのことですね。この“犯人”は 車の中にあるものを物色しているのか、それともガラスに映る自らの姿に反応しているのか、どちらでしょう。それと、この写真、どうやって撮ったのでしょう。物陰から撮ったのでしょうか。見事な1枚と思います。

秋冬の夜空に咲く

こちらのまばゆいばかりの1枚。山武市の やなせたかふみさんのいちオシです。

11月に成田で行われた花火大会の際の写真です。 秋冬の夜空に咲く大輪の花が美しく感動しました。 夏の花火とはまた違って乙なものだと思います。

ありがとうございます。夜空に雲がなく黒一色なのでスクリーンとして最高ということなのでしょうか。それにしてもたくさんの花火を繊細によくとらえた1枚で、見とれてしまいます。

もうすぐお別れ

多摩市の小林哲大さんの電車のいちオシ。これをなぜ今回紹介するかというと…。

引退前のロマンスカーVSE

小田急電鉄のプレスリリースによれば、この白いロマンスカー「VSE」は、12月10日(日)のイベント運行をもって引退します。箱根への観光輸送に特化したロマンスカーとして2005(平成17)年にデビューした車両だということです。おつかれさまでした。

ありがとうございました。

投稿 お待ちしています

#わたしのいちオシへの、みなさんからの投稿をお待ちしています。

投稿は こちらから

いただいた投稿からは「ひるまえほっと」「首都圏ネットワーク」で放送するとともに、この「いちオシ!ナビ」でも紹介しています。

つながるナビもどうぞ