ニュース速報

    (3)「カフカの求めるリズム」

    シシド・カフカがあこがれのミュージシャンと再会し、一緒にライブパフォーマンスを繰り広げる!カフカを魅了するハンドサインの魅力と即興セッションをお楽しみあれ! 2018年ブエノスアイレスに音楽留学をしたカフカ。そのとき学んだのがパーカッション奏者サンティアゴ・バスケスによるハンドサインだ。100種類以上のサインを操ってバンドメンバーに指示を出し、楽譜のない即興演奏をリードする。留学後、日本でハンドサインを用いたリズムイベントを開催してきたカフカがバスケスのもとを再訪し、ステージでサインを披露。日本での活動についても報告する。リハーサルではドラム演奏も!