古代史ミステリー 第1集 邪馬台国の謎に迫る

初回放送日: 2024年3月17日

私たちの国のルーツを解き明かす壮大なミステリー!古代史の空白に迫るシリーズ第1弾。謎の女王・卑弥呼の邪馬台国はどこにあった?発掘調査と最新科学が突き止めた新事実を紹介。人骨やDNA分析から見えてきた激動の東アジア。「三国志」に秘められた卑弥呼のグローバル戦略とは?最強の宿敵・狗奴国とのし烈な争いの結末は?未知の古墳のAI調査や大規模実験で徹底検証!日本の歴史を変えた卑弥呼の波乱万丈のドラマを描く!

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事

目次

  • ■ダイジェスト動画
  • ■まとめ記事

■まとめ記事

(2024年3月17日の放送内容を基にしています)

私たちが暮らす日本という国。その始まりには、大いなる“謎”があります。いま、古代史のミステリーに迫る新発見が相次いでいます。

この国の黎明期(れいめいき)に君臨した邪馬台国の女王・卑弥呼。そして、絶大な権力を誇ったヤマト王権「倭の五王」たち。彼らは、いかにしてこの国をまとめあげていったのか。考古学や科学的調査から、日本の起源に迫るシリーズ・古代史ミステリー、第1集は「謎の女王・卑弥呼」。最新研究から、知られざる歴史の真相が明らかになろうとしています。

今回、専門家の監修をもとに、激動の時代を駆け抜けた卑弥呼の闘いを映像化。ミステリーとロマンに満ちた古代日本の歴史、私たちの国のルーツをひもとく壮大な物語が始まります。

ここは不思議な歴史ミュージアム。

歴史ミュージアム 来館者役 原菜乃華「レポートの調べ物に来たんですけど・・・歴史のことについて相談にのってもらえると聞いて」

歴史ミュージアム 司書役 シシド・カフカ「どういうことが、知りたいの?」

来館者役 原「授業で『この国のルーツを調べましょう』という課題が出て」

司書役 シシド「まずは、卑弥呼について調べてみたら?」

来館者役 原「卑弥呼・・・あの有名な!たしか、邪馬台国の女王」

歴史ミュージアム 館長役 前川泰之「卑弥呼が生きたのは3世紀。そのころ、日本列島は大きな転換点を迎えていたんです」

司書役 シシド「そのとき大事な役割を果たしたのが、卑弥呼だと言われているの」

館長役 前川「卑弥呼は、とても謎に満ちた人物なんですよ」

来館者役 原「謎!わたし、ミステリー大好き!」

館長役 前川「そう、まさにミステリーです!中国の歴史書『魏志倭人伝』に登場する卑弥呼の実像は、多くの謎に包まれているんです。例えば、彼女が治めた邪馬台国。魏志倭人伝に記された距離や方角の解釈がさまざまで、一説によると、邪馬台国は海の中にあることに・・・。本当はどこにあるのか?」

館長役 前川「そして、卑弥呼の外交戦略!絶大な権力を誇った中国の皇帝に使者を送り、『親魏倭王』の称号を得ました。どのように大国と渡り合ったのか?」

館長役 前川「さらに大きな謎は、邪馬台国の女王・卑弥呼と、その死後に登場したヤマト王権とのつながり。卑弥呼は日本の歴史にどのような影響を与えたのか、分からないことだらけなんです。この時代、日本では文字の記録が見つかっていないからね。手がかりは限られている」

司書役 シシド「中国の歴史書『魏志倭人伝』にも、当時の日本について書かれているのは2000文字にも満たない」

来館者役 原「だから分からないことが多いんだ!」

司書役 シシド「でも、卑弥呼と邪馬台国の謎が、最新の研究でいま続々と明らかになっているの」

<最新調査 卑弥呼はどこにいたのか>

最初の謎、邪馬台国はどこにあるのか。
江戸時代から論争が交わされ、多くの候補地があげられてきました。有力な説とされているのが、九州と近畿です。

<九州説 最新調査>

九州説の候補地のひとつ、吉野ヶ里遺跡。弥生時代の集落跡としては、国内最大規模です。10年ぶりの発掘調査が行なわれ、報道陣が固唾をのんで見守る中、土の中から現れたのは石の棺(ひつぎ)「石棺墓(せっかんぼ)」です。

研究者たちは、棺の蓋(ふた)に目を奪われました。石に刻まれた無数の「線刻」(下画像)。なんらかの規則性があるとみられ、宗教儀式との関連が指摘されています。

邪馬台国について記した魏志倭人伝には、卑弥呼がおこなった宗教儀式について記されています。

「鬼道(きどう)」、呪術のひとつです。卑弥呼は巫女(みこ)として神の意志を聞き、その権威を背景に政治をつかさどったとされています。

(専門家の考証をもとに映像化されたドラマ部分の発言は斜字で記しています)

卑弥呼「太陽が隠れ、底知れぬ闇がこの世を覆う・・・。大地は荒れ果て、民は飢えに苦しむ・・・。この国は、いったいどうなるのか・・・」

当時、中国では道教が鬼道と呼ばれ、同じような儀式をしていたとも言われています。

七田忠昭さん「宗教的な被葬者が埋葬されていた可能性がある。ちょうど卑弥呼さんの時代。その時代の墳墓が見つかったことが、ひとつの大きな成果」

地中から現れた「石棺墓」。真相を解き明かすため、調査は今も続いています。

<近畿説 最新調査>

邪馬台国の謎に迫る試み。新たな進展は、近畿説の舞台でも起きています。
奈良県纒向(まきむく)遺跡です。200回をこえる発掘調査で、東西2キロメートル、南北1.5キロメートルの巨大な都市が築かれていたことが判明しています。

その中心には、宮殿とみられる建造物が建てられていました(上画像)。果たして、そこに住んでいた権力者こそが、卑弥呼なのでしょうか。纒向遺跡がつくられた時期を探り、核心に迫る研究が始まっています。

名古屋大学の中塚武教授は、これまでよりも精密な年代測定法を開発。1年単位で年代を割り出すことを可能にしました。

上の画像は、都の建築資材として使われたとみられる木材です。その年代を特定することで、卑弥呼とのつながりを探ります。魏志倭人伝によると、卑弥呼が、中国の皇帝から「親魏倭王」の称号を得たとされるのは239年です。纒向遺跡の木材が、もしその年代と近ければ、ここに卑弥呼がいた可能性が高まります。

これまで中塚さんは、日本列島の木材に含まれる“酸素の同位体比”を調べることで、古代に遡って気候の変化を突き止めてきました。既に年代が分かっているこのパターン(上画像)と、纒向の木材から分かるパターンを比べることで、年代を特定しようというのです。

中塚武さん「年輪数が30年以上あったら年代が決められる可能性がある。纏向から出てきた木材の中で、30年に達するものは1点しかなかった。それは非常にきれいに年代が決まった酸素同位体比の変動パターンにぴったりあった」

纒向の木材から分かる1年ごとの気候の変化は、上の水色グラフの通りになりました。古代から現代までのパターンのどこに当てはまるのか調べたところ、一致したのは3世紀。その終わりは231年で、木材が伐採された年を表します。卑弥呼が親魏倭王となる8年前にあたり、卑弥呼が生きていた時代と合致します。このころ、纒向遺跡の建設は本格的に進んでいました。

もし、纒向が邪馬台国の本拠地だったならば、卑弥呼はその死後、どこに葬られたのでしょうか。
上の画像は、纒向遺跡の南側にある箸墓(はしはか)古墳です。全長280メートル。長方形と円形を組み合わせた、巨大な前方後円墳です。魏志倭人伝によると、「卑弥呼は大きく盛り上がった墓に眠る」とされ、亡くなったのは250年頃だと言われています。

近年、箸墓古墳の出土物などから年代測定が行われ、箸墓古墳は240年から260年頃に造られたと推定されています(国立歴史民俗博物館研究報告2011「古墳出現期の炭素14年代測定」)。年代や大きさなど、複数の条件から、箸墓古墳は卑弥呼の墓ではないかとも考えられているのです。

福永伸哉さん「250年前後で我々がいま知っている、これだけ大きな古墳を造って葬送しないといけない人物は一人しかいない。それは、邪馬台国そして倭国の女王であった卑弥呼」

来館者役 原「なるほど!調査が進んで、邪馬台国の謎がどんどん解き明かされようとしているんですね」

司書役 シシド「この国のルーツに迫る上で、目が離せないの」

 来館者役 原「卑弥呼さんと言えば、巫女(みこ)のようなイメージがあるんですけど・・・おまじないで、国を治めることができるのかな。どんな人だったんだろう」

司書役 シシド「卑弥呼がどんな人物で、いったい何を目指していたのか。新しいことが分かってきているのよ」

<女王 卑弥呼 誕生の舞台裏>

魏志倭人伝によると、当時、倭国と呼ばれた日本は小国に分かれ、それぞれに王がいたことが分かっています。そうした王たちが、ともに立てたのが卑弥呼です。各地で力を振るった王たちが、なぜ卑弥呼を女王として擁立することになったのでしょうか。

謎を解く手がかりが、卑弥呼の生きた時代に栄えた集落にありました。鳥取・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡です。日本海に通じる港があり、交易の拠点でした。

去年、発掘調査で見つかった人骨は、埋葬されることなく大量に散乱していました。

鳥取県 文化財局 濱田竜彦研究員「弥生時代の情報をいまにとどめているタイムカプセルといって過言でない。たくさんの人骨が散乱している。調査で解き明かしたい謎のひとつ」

高精細8Kカメラで人骨を撮影し、骨に刻まれた痕跡から、当時何が起きていたのかを探りました。
上の画像は、あごの骨です。刃物でつけられたとも思われる傷痕が見つかりました。

こちら(上画像)は骨盤の一部。貫いていたのは、金属の矢じりでした。

こうした人骨は各地で見つかっています。大きな争乱があったことが浮かび上がってきたのです。

争いの原因のひとつと考えられるのが気候変動です。
上の画像は、古代の木材から気候の変化を分析したデータです。激しく上下するグラフは、干ばつや洪水など、異常気象が頻発していた可能性を示します。この時代、食糧を巡る争いが起きていたのではないかと考えられています。

日本列島で巻き起こった果てなき争乱。未曽有の危機を打開することが、各地の王たちに求められました。そのとき生まれたのが「邪馬台国連合」です。小国が政治連合を組み、卑弥呼を女王として擁立しました。その勢力範囲は日本列島の西側に広がっていたとも言われています。一説では、邪馬台国連合のシンボルが「前方後円墳」とも言われています。

寺沢薫さん「連合体のようなものをつくって、わざわざ卑弥呼を王にしたというのは、特定の国が大きな力を持たないように決めていくということが前提だと思う。言い方が悪いですけれども、はじめはとにかく祭り上げられた」

王たちの間に緊張関係が残る中、女王となった卑弥呼。国をひとつにまとめるための困難な闘いが始まりました。

諸国の王1「最近、鉄や銅といった資源を独り占めにしようとするクニがあると聞く!」「黒幕は、お前じゃろう!!」

諸国の王 2「何を言うておる!お前こそ、乱を起こそうと企てているのではないのか?」

卑弥呼「我らは力を合わせて国をつくらねばならん。かようないさかいをしているときではない」

諸国の王 1「ふん・・・この、お飾りが」

卑弥呼「・・・」

卑弥呼は祭り上げられた立場。王たちを押さえ込むのは容易ではありません。そこに大きな試練が重なります。

卑弥呼「大きな災いがやってくる」

卑弥呼の弟「災い?」

卑弥呼「狗奴国(くなこく)・・・。長い争いになるだろう」

魏志倭人伝に記されている、卑弥呼の宿敵「狗奴国」。その実像が、考古学的研究から分かり始めています。

これは、狗奴国のシンボルとされる「前方後方墳」。大小二つの四角形を組み合わせたお墓です。その分布から、狗奴国の勢力範囲は日本列島の東側に広がっていたとも言われています。

名古屋経済大学(考古学) 赤塚次郎特任教授「東海から東北南部まで、リーダーたちのお墓は前方後方型になっていく。邪馬台国の対抗勢力になるような地域社会はどこにあるのか絞り込んでいくと、狗奴国のひとつの候補になる」

「前方後方墳」が広がる地域では、特有の文化圏が築かれていた証拠が見つかっています。そのひとつが、鮮やかな色彩が特徴の土器です(下画像)。

下の土器には、顔に入れ墨をした人物が描かれています。

日本列島に巻き起こる争乱。卑弥呼は難局をどう乗り切っていくのでしょうか。

館長役 前川「各地の政治勢力、つまり小さな国が集まってできた邪馬台国連合。王たちはそれぞれ勢力範囲をもち、ユニークな形のお墓をつくっていた。例えば、キャンディー型の双方中円墳や四隅が突き出たお墓など(下画像)」

館長役 前川「最大のライバル狗奴国は、『前方後方墳』がシンボルではと言われている」

来館者役 原「卑弥呼さんはこのピンチをどうやって乗り越えたんですかね?」

司書役 シシド「手がかりは、魏志倭人伝にあるの。『親魏倭王』という言葉に注目して」

来館者役 原「たしか、中国の魏に遣いを送ったんですよね」

館長役 前川「そう。ここに卑弥呼の知られざるグローバル戦略があったことが分かってきているんです」

<卑弥呼×三国志 秘められたグローバル戦略>

卑弥呼が中国の魏に使者を送った当時、東アジアを揺るがす大変動があったことが、最新研究から分かってきています。

国立科学博物館で古代の人骨のDNAを研究している神澤秀明さん。卑弥呼の時代の集落・青谷上寺地遺跡の人骨から、思わぬ発見がありました。

神澤秀明さん「青谷上寺地は渡来系の遺伝要素がかなり濃く受け継がれています」

上の画像は、東アジアの人々の遺伝上の近さを表したグラフです。中央は中国人、左上が縄文人です。青谷上寺地は双方の間にあり、海を越え、混血が進んだことを示しています。混血の人の割合は実に9割。卑弥呼の時代、日本は世界と深くつながっていたことが分かってきました。

その原因のひとつと言われるのが、中国の戦乱です。大帝国だった漢が衰退し、三国志の時代に突入。戦火を逃れようとする難民たちが大量にいました。

王 勇さん「中国で混乱が起きたとき、難民たちは中国の東側に移動するのです。中国の神話では、東に蓬莱(ほうらい)と呼ばれる理想郷があると信じられていました。それゆえ人々は朝鮮半島を通り、倭国にたどりついたのです」

このとき、日本列島に大きな変化が起きたことが、考古学的に分かってきています。大陸から鉄などが持ち込まれ、最新の武器が作られたのです。

上の画像は、武器の威力を検証するための実験です。
それまでの日本列島では、石を用いた弓矢が主流でした。威力の違いは歴然。鉄製の矢じりは、金属の板を容易に貫通しました。

大陸から伝わった武器が導入され、卑弥呼と狗奴国との争いは、しれつを極めたと考えられています。

諸国の王 2「このまま狗奴国との争いが長引けば、ますます民は飢え、国は荒れる・・・」

諸国の王 1「ワシはもう嫌じゃ!いさかいのない国をつくると言ったのは、卑弥呼さまじゃないのか?なのにこのザマだ!卑弥呼さまはいったいどうなさるおつもりだ」

女王として国をまとめる使命を帯びた卑弥呼。新たな策を打ち出します。

卑弥呼の弟「もうこのままでは、配下の王たちをまとめることはできませぬ」

卑弥呼「魏に使者を送る。皇帝が後ろ盾になれば、王たちの不満も不安も消える。魏は、必ずや味方についてくれる」

魏は三国志の英雄・曹操が礎を築いた大国です。三国の中で最大の人口を擁し、強大な軍隊を誇っていました。

魏の王宮・漢魏洛陽城の遺跡です。倭国から2300キロ離れたこの場所に、卑弥呼は使者を送っていました。

中国社会科学院考古研究所 劉濤研究員「卑弥呼の使者は門の外で待機し、呼び出しを待っていたのでしょう。そして時が来て、宮殿に入っていったと思われます」

魏の高官「倭とは、どのような国か?」

魏の軍師「王の名は卑弥呼。鬼道につかえ、よく衆を惑はすと・・・」

魏の高官「我が国をたばかろうというのではあるまいな?」

卑弥呼の使者「めっそうもございません。その力を、我らにお貸し願いたい」

邪馬台国と比べると、魏は桁違いの大国でした。
この国とどのような交渉をして、「親魏倭王」の称号を得たのでしょうか。

三国志の最新研究から卑弥呼の知られざる外交戦略に迫ろうというのが、復旦大学の戴燕教授です。卑弥呼は、魏・呉・蜀、三国の対立関係を巧みに利用したと考えています。

戴燕さん「古代中国と倭国の密接な関係が、海洋史の研究が進む中で明らかになっています。注目すべきは、三国の海上における覇権争いです」

カギを握るのは呉を率いた孫権。魏の曹操を、赤壁の戦いで打ち破るなど、勢力を拡大していました。

呉の歴史書には、孫権が魏を海上から攻めようとする壮大な計画が記されています。大量の船と兵士を動員するためには、補給基地が必要不可欠でした。その際、呉は倭国に接近したと考えられています(下画像)。

戴燕さん「孫権は朝鮮半島を足場に、倭国と接触していたと考えられます。海上での補給や物資を得ようとしていたのです。呉の鏡が日本列島から出土しています。呉が倭国と取引をしていた証拠と考えられます」

これ(上画像)は、兵庫県で出土した呉の鏡です。鏡は倭国の有力者たちが用い、権威の証として尊ばれてきました。

倭国に接近しようとする呉。その状況こそが、卑弥呼が魏との交渉を有利に進める突破口だったと考えられています。

卑弥呼の使者「そうめいな皆様には、お分かりかと。貴国の宿敵・呉の背後を打ち、挟み撃ちにできるのは我が倭のみ」

魏の摂政「どうじゃ?」

魏の軍師「あやつの言っていることは、理にかなっているかと・・・」

魏の立場からすれば、もし呉と倭国が手を結べば、不利な状況に置かれます(上画像)。

逆に、魏と倭国が結べば、呉をけん制することも可能です。

卑弥呼は、魏から破格の待遇を受けます。そして贈られたのが、「親魏倭王」の称号を刻んだ金印です(下画像)。

戴燕さん「卑弥呼は魏と呉と倭国のパワーバランスを利用し、魏から破格の支援を引き出すことに成功しました。卑弥呼は優れた外交力を持っていたのです」

来館者役 原「三国志と卑弥呼さん、つながっていたんだ!それでうまく倭国をまとめあげたというわけですね?」

館長役 前川「残念ながら、そうはいかなかったんだ。卑弥呼が魏から倭王と認められても、狗奴国との争いは止まらなかった。しかも、この争いの結末は魏志倭人伝にも書かれておらず、謎に包まれている」

司書役 シシド「でも、このあと日本列島はひとつの国へとまとまっていくことになるの」

来館者役 原「そこに卑弥呼さんはどういうふうに関わっていくんですか?」

<卑弥呼vs.狗奴国 古墳が明かす争いの行方>

卑弥呼と狗奴国の争いの行方。その謎に迫る手がかりが、邪馬台国連合のシンボルとも言われる「前方後円墳」です。いま、前方後円墳の分布を調べることで、争いの行方を解明しようとする研究が進んでいます。用いるのはAI・人工知能です。詳細な地形データを分析することで、木々や土に埋もれて分かりにくい前方後円墳を探し出すことが可能です。

高田祐一さん「前方後円墳が新たに、通常、なかなか見つからないわけですが、AIによって、日本列島の中での勢力の広がりがより詳細に分かってくると考えています」

今回、AIで調べたのは東北地方です。
これまで東北では、狗奴国のシンボルとも考えられている「前方後方墳」が多くつくられてきました(上画像)。卑弥呼と対立する狗奴国の勢力圏に、AIは多数の「前方後円墳」の候補を示しました(下画像)。

2024年1月、AIが示した場所に実地調査に向かいました。訪ねたのは福島県小野町。市街地からほど近い山林です。僅かに地面が膨らんだ場所。ここが候補地です(下画像)。

三次元スキャナーを用いて、さらに細かい地面の凹凸を分析します。

新潟大学(考古学) 橋本博文名誉教授「円形の周囲に、前方部、そういうものが続いている」

福島大学(考古学) 菊地芳朗教授「これを見ると『前方後円墳』」

現地調査の結果、未知の「前方後円墳」である可能性が見えてきました。

狗奴国の勢力圏と考えられ、「前方後方墳」が築かれてきた東海や東北。考古学的研究から、「前方後円墳」が、卑弥呼の時代以後、増えていくことが分かってきました。

名古屋経済大学(考古学) 赤塚次郎特任教授「『前方後方墳』から『前方後円墳』に切り替わるというのが、ひとつの画期になることは間違いないと思う。日本列島の大きな枠組みができあがっていく、これは日本の歴史の中で初めてのこと

謎に包まれていた狗奴国との争い。「前方後円墳」をシンボルとする勢力が圧倒していったことが、浮かび上がってきました。その明暗を分けたのは、なんだったのか。手がかりのひとつは、卑弥呼の墓とも言われている箸墓古墳です。

土木考古学の専門家、青木敬教授は、箸墓古墳の高度な技術に注目しています。1700年たった今も、その原型をとどめている箸墓古墳。巨大で堅ろうな古墳をつくる技術は、それまでの日本列島では見られないものでした。

國學院大學 青木敬教授「中国の影響あるいは中国からの人材が日本列島に入ってきて、技術的な指導とか供与というものを考えなければ、箸墓古墳は造れなかったのではないか」

卑弥呼が使者を送った、魏の洛陽城です。巨大な城を支えるため、“盛土”という技術が用いられていました。

中国社会科学院考古研究所 劉濤研究員「魏の盛土技術には秘訣があります。それは、土を水平に何層にも積み重ねることなんです」

古墳に導入されたという盛土技術。その秘められた力を検証しました。
“粘土”や“真砂土”などの層を重ね、サンプルを作成。強度試験として、鉄球を3メートルの高さから投下します。その衝撃で加わる重さは、およそ2.5トンです。

盛土と比較するのは、一種類の土を固めたサンプルです(上左画像)。鉄球の威力に耐えきれずに、崩れてしまいました。一方の盛土(上右画像)は、その姿をとどめました。土は種類によって、衝撃力の伝わり方が異なります。層を重ねることで、衝撃を拡散し強度を上げたと考えられます。

さらに実験では、放水装置を使い、悪天候を再現。水への耐久性を調べました。
弥生時代は気候変動が激しく、水害が多発したと言われています。一種類の土で作ったサンプルは、水の勢いに耐えきれず、すぐに崩壊してしまいました。一方の盛土は、水に強い粘土層と水はけのよい層、ふたつの異なる層を重ねることで崩壊を免れていました(上画像)。 

もし卑弥呼の時代に水害に強い土木技術を持っていたならば、勢力を拡大する上で、有利に働いたと考えられるのです。

青木敬さん「飛び抜けた開発力とか技術を持っているところは、他の集団からすると非常に魅力的に映るわけです。技術を供与してもらい、助けを求めるような関係があったのかもしれない。その見返りとして、支配力を強化していったと思います」

卑弥呼は、3世紀半ばに亡くなります。

最後に残された謎は、卑弥呼とその後の歴史がどうつながっているかです。
卑弥呼の死後、この国を治めたのが、「ヤマト王権」です。

世界遺産に登録されたヤマト王権の墓「大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)」。天皇家のルーツとされる歴代の王たちは「前方後円墳」に葬られました。卑弥呼の墓と言われる箸墓古墳も「前方後円墳」です。そこから、卑弥呼とヤマト王権を結びつける大胆な仮説が唱えられています。

桜井市纏向学研究センター 寺沢薫所長「『前方後円墳』というのは、ヤマト王権の祭祀(さいし)と政治のシンボル。そこに卑弥呼がいたということですから、これはイコールなんですよ。卑弥呼はヤマト王権の最初の王ということになりますよね」

<古代史ミステリー 次回は>

去年、日本のルーツに迫る新たな発見がありました。3世紀後半の前方後円墳に、膨大な数の銅鏡があったことが確認されたのです。その数、100枚以上。金属を精巧に加工し、量産する技術力がありました。

橿原考古学研究所 岡林孝作 博士「技術革新が行なわれて、非常に高度な技術でつくられた」

卓越した技術革新を成し遂げたヤマト王権。それをけん引していったのは、「倭の五王」と呼ばれるリーダーでした。

日本独自の前方後円墳を韓国で発見。
ヤマト王権は、資源を求めて進出した朝鮮半島で、危機に直面します。東アジアの動乱の中、国づくりを進めたヤマトの王たちの実像に迫ります。