ニュース速報

    選「“ふたり”ならもっと強くなれる 〜「絆」で目指す世界の頂点〜」

    東京パラリンピック女子マラソン(視覚障害のクラス)の表彰式。道下美里選手が自分より先に金メダルをかけたのは「世界一」と呼ぶ伴走者だった。道下選手と伴走者をつなぐのは、長さ10cmのロープ、その名も「絆」。暗闇を走る命綱であり、究極の信頼関係が必要だと言われている。マラソンで心と心をつなぐ日本ペアと、100mで驚異的なシンクロを成し遂げるアメリカペア、2組の世界記録保持者の東京パラへの道のりに密着。