ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
1月16日(土) 午後10:00 午後10:50

半世紀を超えて活躍するデザイナー・コシノジュンコ。業績不振だった寺田倉庫をV字回復させた経営者・中野善壽。自由闊達、型にはまることを嫌う2人のトークの行方は… 中野がコシノを招いたのは、天王洲アイル。殺風景だった倉庫街を、中野は人が集まる魅力的な街に変貌させた。常識にとらわれない中野の生き方や、独自の経営哲学「ぜんぶ、すてれば」について語る。後半は、コシノの南青山の店舗へ。ニューヨークやパリで、デザイナーとして輝き続けるコシノ。一方、アジアの途上国などでもショーを開催するなど文化交流を続けてきた。いまこそ必要な“ファッションの力”について語り合う。

次回のエピソード

  • Eテレ
    1月23日(土) 午後10:00 午後10:50

    若き日に夢みた職業は、デザイナーと落語家。篠原ともえと春風亭一之輔。夢みた世界の一線で活躍する2人。なぜ夢はかなったのか。共通する体験が対談から浮かび上がる。 一之輔が訪ねたのは、篠原が洋服を製作する東京・原宿のアトリエ。10代のころ抱いたデザイナーへの夢。自らが描いた千枚のデザイン画を見せて当時の心境を語ると、一之輔も高校時代の話に。どう夢を育んだのか、2人で語り合う。後半は東京・新宿の寄席・末廣亭へ。脂が乗り切った一之輔の落語だが、本人はこれから変化があると考えている。小さく収まることを嫌う落語家の夢は、ある意外な場所での落語と、もうひとつ…。

    1月23日ほか 放送予定へ

この番組について

異なる分野で活躍する2人の“達人”が登場。 番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、成功への道筋や、独自の哲学を語り合う。 それぞれの“顔”が見えるだけでなく、通常インタビュー番組にはない“化学反応”が醍醐味のクロストーク。

  • 語り 六角精児 (俳優)

    兵庫県出身。1982年「劇団扉座」の旗揚げに参加、舞台に立ち続けている。 テレビ、映画にも多数出演。 得意なギターとボーカルでライブ活動も行っている。

  • 語り 平岩紙 (俳優)

    大阪府出身。2000年より「大人計画」に参加。 ドラマ・映画・舞台など多方面で活躍している。

  • テーマ音楽 椎名林檎 (音楽家)

    1998年デビュー 2ndアルバム「勝訴ストリップ」が250万枚を超えるセールスを記録。 04年〜東京事変でのグループ活動も並行。 09年、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2013年「SWITCHインタビュー達人達」のテーマ音楽を担当。作詞を渡辺あやに依頼、作・編曲を椎名が担い「孤独のあかつき」を制作。16年リオオリパラ閉会式に於ける東京2020への引き継ぎセレモニーで演出/音楽監督を務め、国内外から高く評価された。17年、東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームのメンバーに就任。 19年アルバム「三毒史」を発表。

放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午後10時

再放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午前0時(金曜深夜)