ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
11月28日(土) 午後10:00 午後10:50

国民的アニメを次々と制作し続けるスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫。日本のサブカルチャーの生みの親・津野海太郎。編集者が原点の2人が、人と人を結び付ける。 津野が訪れたのは鈴木の事務所。「となりのトトロ」と「火垂るの墓」の制作で、宮崎駿監督と高畑勲監督との間で起こったアニメーターの取り合い。間に立った鈴木はどう裁いたのか?3DCGアニメ「アーヤと魔女」での宮崎吾朗監督の変化を語る。一方、82歳でなお精力的に執筆を続ける津野に72歳の鈴木が自らの老い方を相談。アングラ演劇の演出家時代に親交があった樹木希林など、個性豊かな人たちとのつながり方を語る。

次回のエピソード

  • Eテレ
    12月5日(土) 午後10:00 午後10:50

    古典落語では本格派、新作では鬼才と呼ばれ大人気の落語家・柳家喬太郎。対談するのは美学・現代アートが専門の気鋭の学者・伊藤亜紗。想像力豊かな2人のトークがはじける 前半の舞台は知る人ぞ知る「怪獣たちが主役」の酒場。大のウルトラマン好きの喬太郎が伊藤を案内した後、新作落語ができる過程や古典との境目について語る。生まれ変わったら○○になりたい!で2人が図らずも一致。大盛り上がりの中、後半は東工大のキャンパスへ。視覚など身体に障害のある人の感覚を研究し世に伝える伊藤の世界観について語り合う。自分以外のさまざまな存在を想像できるよう既成概念を取り払うヒントも紹介する

    12月5日ほか 放送予定へ

この番組について

異なる分野で活躍する2人の“達人”が登場。 番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、成功への道筋や、独自の哲学を語り合う。 それぞれの“顔”が見えるだけでなく、通常インタビュー番組にはない“化学反応”が醍醐味のクロストーク。

  • 語り 六角精児 (俳優)

    兵庫県出身。1982年「劇団扉座」の旗揚げに参加、舞台に立ち続けている。 テレビ、映画にも多数出演。 得意なギターとボーカルでライブ活動も行っている。

  • 語り 平岩紙 (俳優)

    大阪府出身。2000年より「大人計画」に参加。 ドラマ・映画・舞台など多方面で活躍している。

  • テーマ音楽 椎名林檎 (音楽家)

    1998年デビュー 2ndアルバム「勝訴ストリップ」が250万枚を超えるセールスを記録。 04年〜東京事変でのグループ活動も並行。 09年、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2013年「SWITCHインタビュー達人達」のテーマ音楽を担当。作詞を渡辺あやに依頼、作・編曲を椎名が担い「孤独のあかつき」を制作。16年リオオリパラ閉会式に於ける東京2020への引き継ぎセレモニーで演出/音楽監督を務め、国内外から高く評価された。17年、東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームのメンバーに就任。 19年アルバム「三毒史」を発表。

放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午後10時

再放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午前0時(金曜深夜)