ニュース速報

    選「沢則行×宮城聰」

    チェコ・プラハを拠点に世界的に活躍する人形劇師の沢則行と、静岡県舞台芸術センターSPACの芸術総監督として海外と積極的に交流する演出家・宮城聰。初対面で熱く語る チェコの国立芸術アカデミーで、人間と人形が同等に舞台に立つ演出「フィギュア・シアター」を学んだ沢。日本にもメソッドを紹介し国内外で活動している。前半は、現在長野県で巨大な人形を製作中の沢を宮城が訪ね、その世界観を聞く。後半は、静岡から世界に演劇を発信し、海外でも高く評価されている宮城を沢が訪問。演劇の普遍性や、私たちの生き方のヒントなど、日本を相対的に見てきた二人ならではの息のあったトークが弾む。