ニュース速報

「木村多江×佐藤則武」

「不幸な役」では右に出るものがいない?と称される女優・木村多江が世界遺産・日光東照宮を訪ね出会ったのは塗師・佐藤則武。東照宮で漆を使った修復を専門とする職人だ。 前半は、400年間繰り返されてきた東照宮の修復について佐藤が語る。木材を守る天然の塗料・漆をいかに江戸の職人と同じように塗れるのか。それはこの仕事を続け半世紀「心が漆にかぶれている」という佐藤でも追いつけないという。木村は「役が終わっても練習してしまう自分と似ている」と共感。最近は悪女の役でも注目される木村はエネルギーを注いだ仕事は後世に残ると感じている。父と里帰り娘が語り合うようなほんわりトーク