ニュース速報

まちをニワに (10)「街の中に“四季を入れる”」

ニューヨークのハイラインなど、世界の公共スペースで潮流となっているのが、ナチュラリスティックと呼ばれる植栽デザインだ。環境にあった宿根草を使いローメンテナンスで四季の移り変わりを味わう庭を作る。東京・青山通りにこの春できた“まちニワ”もこの手法で作られた。デザインを担当した吉谷桂子さんに、その魅力とノウハウを教えていただく。「花と緑でおもてなし」はコロナリスクのなかでも前進する豊洲のまちニワ作り。