ニュース速報

    「愛(め)でて、食して エディブルフラワーを楽しむ」

    エディブルフラワーの一大産地が愛知県豊橋市。1967年に和菓子で使われる桜草の生産から始まり、現在では50種類以上を栽培している。豊橋市では、エディブルフラワーが多くのレストランやスイーツ店で使われている。栽培の注意点は、食用専用の種を購入し、無農薬で育てること。購入する場合は、食べるために栽培・販売されている花を選ぶ。観賞用の花は、農薬や鮮度を保つための薬剤が使われているため、食べられない。