ニュース速報

    茶の湯 藪内家 織部も親しんだ茶の魅力 (2)「客の作法を学ぶ」

    藪内家の茶の湯を学ぶシリーズ。第2回は「客の作法」を学ぶ。「武家の茶」と言われる藪内家の茶。大振りな動きやふくさを刀をさす側とは逆につけるなどの藪内家ならではの所作は、利休亡き後、秀吉が織部に武家の茶を確立するように命じた名残りだという。席入りや菓子・濃茶・薄茶の頂き方を学び、将軍・足利義満がその品質を認めた、室町時代から続く伝統の茶園にも訪れる。