ニュース速報

暮らしにいかす にっぽんの布 (6)「小池梨江×久留米絣」

初回放送日: 2021年9月13日

都内で、暮らしの道具の店を営む小池梨江さんは、公私共に各地の民芸品を集め、素朴な絣の布や織物に魅せられている一人。家族と都会暮らしをする中で、いま特にお気に入りなのが「久留米絣のもんぺ」だ。薄手の木綿で扱いやすく、部屋着にぴったり。タイツと重ね着したり、旅先でも重宝する。福岡の産地では、モダンな絣模様や、若い世代が日常的に使えるデザインを模索、古来の布の可能性が広がっている(2019年放送)。