ニュース速報

    「人とつながる大切さを考える アーレントの公共哲学」

    お悩み後見人は天野ひろゆきさん。ヒントとなるのは女性哲学者アーレント。アーレントはドイツナチスの経験から「公共」の果たす重要な役割を考察、その哲学のわかりやすい説明によって、一見わずらわしいとも感じるPTAや子ども会など身近な集まりの「大切さ」が少しだけわかってきます。また、こういった場に楽な気持ちで参加できるような心構えについても、ヒントをくれます。ふと立ち止まって物事について考えてみませんか?