ニュース速報

証言記録 東日本大震災 「(97)住民主導の集団移転 宮城県東松島市」

空き地となっている集団移転の造成地も少なくない中、宮城県東松島市では計画した1300戸全てが利用されている。成功の鍵は住民主導で進められたまちづくり。被災者自らが移転する地域を決め入居場所もクジ引きでなく話し合いで進める一方、市も入居者の希望を建物に反映させ、住宅再建費用を最小限に抑える制度を設けるなど連携。さらに被災跡地に太陽光発電施設を建設するなど、安心して暮らせる町を実現した人々の記録。