篤姫

女の道は一本道

共有

(18)「斉彬の密命」

薩摩に帰った尚五郎(瑛太)は、斉彬(高橋英樹)の命に従い、お近(ともさかりえ)との結婚を決意する。江戸ではようやく篤姫(宮﨑あおい)の婚礼の日程が決定。大奥に移る前夜、斉彬は篤姫に「次期将軍を一橋家の慶喜とするよう、家定(堺雅人)を説得せよ」と命じる。篤姫は、斉彬が自分を御台所にしようとした最大の理由を初めて知る。大奥から迎えにきた滝山(稲森いずみ)に従い、ついに篤姫は江戸城へ向かう。

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事