ニュース速報

    空からクルージングmini

    ヨーロッパの世界遺産 空の旅 「コルドバ(スペイン)」

    ヨーロッパの世界遺産をドローン映像で紹介するシリーズ。今回はスペイン・アンダルシア地方のコルドバ歴史地区。そのハイライトはかつての巨大モスク、メスキータ。 BS8Kで放送されたドローン映像による「空からクルージング~スペイン・夢と幻のアンダルシア~」からコルドバを紹介する。8世紀イベリア半島のほとんどを制圧したイスラム勢力はコルドバに首都を置いた。ヨーロッパ随一の繁栄を誇ったコルドバの象徴ともいえるのがメスキータ。古い町並みも残っている。パティオと呼ばれる中庭は、イスラムの時代の名残だ。13世紀コルドバはキリスト教勢力に征服され、新しい時代が始まる。