ニュース速報

最新のエピソード

10月27日(火) 午後11:45 午前0:15

街の小さな本屋で働く「バイトさん」(千葉雄大)と「店長」(門脇麦)。潰れそうな書店の再生策をめぐって、二人は丁々発止のやりとりを繰り広げるが‥‥ドラマを縦軸に、世界の「夢のように素敵な本屋」を探訪します。 ▼中国、南京市の最先端の「先鋒書店」は世界のメディアが注目する話題の本屋。まるで美術館のように洗練された広大な空間で、人々は思い思いに本を楽しみます。▼歴史的建造物をリノベした洗練のデザイン、若者が集うライブイベント、おススメ本の”福袋”、本好きから本好きへのメッセージカードコーナーなど、店内のあちらこちらに本好きの心を楽しませる工夫があふれています。▼店主は小さな書店からたたき上げた苦労人。自らが学校へ行けず本で学んだ経験を胸に、山間の村にも出店し、地域や子供たちに本の文化を伝えるプロジェクトに取り組みます。都市と田舎、過去と未来、そして本を愛する人々をつなぐ、中国の夢の本屋の物語。

    この番組について

    夢の本屋・・・。 それは本を愛するひとによる、本を愛するひとのための本屋。 この番組は、そんな世界中にある「夢の本屋」への旅にお連れします。 取り上げるのは、 世界中の読書家や作家たちを魅了するパリの由緒ある書店 「シェイクスピア・アンド・カンパニー」(18日)、 そして、“世界で最も美しい書店”にも選ばれた中国の「先鋒書店」(19日)。 こだわりに満ちた憧れの書店に秘められた物語を、美しい映像とともにご堪能ください。 【あらすじ】 ここは、めったにお客の訪れない、小さな街の本屋さん。今日もバイトさん(千葉雄大)と店長(門脇麦)が、店の方針をめぐってひと悶着。ジャンルも年代も言語もばらばらな個性的すぎるラインナップは、ちょっぴり偏った嗜好を持つ店長が選んだもの。そんな店長の暴走に巻き込まれながらも、しっかりとお店を支えるバイトさん。2人は、お店の再建に頭を悩ませるのですが、そんなさなかに見つけたのは、店長の亡きおばあちゃん(大方斐紗子)が残した「夢の本屋」についての記録。そこには、海外の魅力的なお店について紹介されていて・・・。果たして2人が見つけた答えとは!? 脚本:高野水登

    • バイトさん (千葉雄大)

    • 店長 (門脇麦)

    • (青木柚)

    • おばあちゃん (大方斐紗子)

    放送

    • 総合
      2020年8月18日(火)午後10時45分 第1話・フランス編
    • 総合
      2020年8月19日(水)午後10時45分 第2話・中国編

    再放送

    • 総合
      2020年10月4日(日) 午前0時5分 ※土曜深夜 第1話・フランス編
    • 総合
      2020年10月27日(火) 午後11時45分 第2話・中国編(※九州・沖縄以外)