バリバラドラマ「37セカンズ」

生まれた時に37秒間呼吸が出来なかったことで身体に障害を抱えてしまった夢馬(ユマ)は、漫画家のゴーストライターをしながら、母親の介護を受けて暮らしている。そんな時、介護士の男と出会い、ユマの中で何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、ユマは自らの力で道を切り開いてく。2019年ベルリン映画祭で観客賞を受賞した「37セカンズ」をテレビ用に再編集。映画とは違うもうひとつのユマの物語。