(2)「父娘の絆」

    素性のわからない老人(山本學)が養生所に運び込まれた。一方、長屋に住むおくに(田畑智子)は盗みを働いた亭主を更正させようと奉行所に訴え出るが、逆に収監されてしまう。おくには、子供たちを別れた父の宿泊先に向かわせるが、宿主(村松利史)はそのような人は居ないと一蹴。赤ひげ(船越英一郎)と保本登(中村蒼)は宿主の話から、養生所にいる老人がおくにの父と確信。おくに救出へと向かう。