ニュース速報

「バラカンが見たコロナ禍の東京」

コロナ禍で、東京に暮らす外国人たち。彼らの目に東京はどう映り、どんな未来を思い描いているのか?2020年秋、日本在住46年のピーター・バラカンが訪ねた。 新型コロナウイルスが私たちの暮らしに影響を与える中、海外から日本に渡り住んでいる人たちに注目。彼らの目には、コロナ禍の東京はどう見えて、どうあるべきと思っているのか?それは、関東に暮らす私たちにとっても、都市がどうあるべきかを考える上でヒントとなる。コロナ禍の今、都市の未来を考える番組。2020年11月に海外向けに放送された番組をリメイクして放送する。