お知らせ

  • Eテレ「NHK俳句」とコラボ月間!ドラマ出演者が続々ゲスト登場

この番組について

主人公・一橋桐子(松坂慶子)は、哀しみの淵に沈んでいた。年金とパートの収入で暮らしも楽ではない中、唯一の希望であった親友が病で亡くなり、毎日が突然、空虚な日々となったのだ。このままだと自分は孤独死してしまうのでは――生きていくことの困難さが、桐子の心を絞り上げていく。 そんな時、テレビで見たある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、終の住みかを“刑務所”に設定。「できるだけ人に迷惑をかけずに捕まる道」を模索し始める――。 【原作】 原田ひ香『一橋桐子(76)の犯罪日記』 【脚本】 ふじきみつ彦(『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』) 【音楽】 長谷川智樹 【制作統括】 髙橋練(NHKエンタープライズ) 清水拓哉(NHK) 【プロデューサー】 宇佐川隆史(NHKエンタープライズ) 【演出】 笠浦友愛 黛りんたろう 加地源一郎

出演者・キャストほか

  • 一橋 桐子 (松坂 慶子)

    ”刑務所行き”を夢見る主人公

  • 久遠 樹 (岩田 剛典)

    桐子が頼りにするパート先の上司

  • 榎本 雪菜 (長澤 樹)

    桐子の”世代をこえた友達”になる女子高生

  • 友岡 明子 (片桐 はいり)

    桐子が通う句会の世話人

  • 寺田 一男 (宇崎 竜童)

    隠れ闇金を営む怪しい男

  • 斉藤 薫子 (木村 多江)

    桐子の前に立ちふさがる”訳アリの女性”

  • 宮崎 知子 (由紀 さおり)

    桐子の唯一無二の親友

  • 三笠 隆 (草刈 正雄)

    桐子の憧れの人で、元プロテニスプレイヤー

放送

  • 総合
    2022年10月8日(土)から 毎週土曜日 よる10時~10時49分<全5話>

再放送

  • 総合
    翌週水曜日 午前0時35分~1時24分(火曜深夜)