ニュース速報

    中国地方推し! よみがえる幻の歌 古関裕而 歌謡ひろしま

    朝ドラ「エール」のモデル・古関裕而が、被爆から1年の広島のために作った歌があることをご存知ですか?「歌謡ひろしま」と名付けられた、この幻の歌の秘話をご紹介。 現在放送中の朝ドラ「エール」の主人公のモデルとしても話題の作曲家、古関裕而。被爆からわずか1年後の広島に、復興と平和の願いを込めた曲「歌謡ひろしま」を作っていたことがわかった。しかし、レコード化された記録もなく、手がかりとなるのは当時の新聞記事のみ。番組では唯一の手がかりである記事をもとに取材を開始。そこで分かった知られざる事実とは。完成から74年を経て、幻の歌「歌謡ひろしま」をよみがえらせる。