ニュース速報

    関東甲信越推し!茨城スペシャル 「関東・東北豪雨から5年〜いま備える 命を守るために〜」

    関東・東北豪雨から5年。鬼怒川の堤防が決壊した常総市は、地域の防災訓練や最新予測システムの導入など、水害との新たな向き合い方を模索している。見えてきた課題とは。 関東・東北豪雨から5年。鬼怒川の堤防が決壊し、甚大な被害を受けた常総市。いま、地域では防災訓練をはじめとした自主防災活動が活発になり、自治体の洪水予測システムの導入を進めるなど、水害との新たな向き合い方を模索している。各地で頻発する豪雨災害。大切な命を守るためには何が必要か考えていく。