ニュース速報

    近畿推し!かんさい熱視線 「増え続ける“湯かん”〜家族に寄り添う 最後の時間〜」

    遺体を沐浴させ洗浄を施す「湯かん」を依頼する遺族が増えている。葬儀の簡略化が進む中、何を願い、最後の別れを湯かんに託すのか、現代の死との向き合い方を見つめる。 葬儀の前に故人を入浴させ、洗浄を施す「湯かん」と呼ばれる儀式。葬儀の簡略化が進む一方で、湯かんを専門とする業者への依頼が増え続けている。背景にあるのは、葬儀に対する意識の変化だ。葬儀の規模は縮小しつつも、故人との別れの時間を大切にしたいと考える遺族が増えているという。その流れに歩調を合わせるように、「湯かん師」を志す若者も年々増加。多死社会に向かう日本で増える「湯かん」、その実態を伝える。