ニュース速報

    四国推し! 四国らしんばん「見えない“路上の貧困”地方のホームレスは今」

    国の調査で報告された四国のホームレスは数人。だが、実際にはかなりの数の人が路上で暮らし、支援が行き届かない実態が明らかに。見えづらい地方の貧困の現場をリポート。 国の全国調査で報告された四国のホームレスはわずか数人。だが取材をすると、かなりの人数が路上で寝泊まりし、支援が行き届かない実態が浮かんできた。背景にあるのは、公共施設などで一日の大半を過ごすという地方特有のホームレスの行動パターンと、目視による調査の限界だ。専門家は、新型ウイルスの影響で地方経済が落ち込む中、ホームレスの数は今後さらに増えると予測する。見えづらい地方の貧困の実態とその対策を探る。