ニュース速報

    中部推し! ナビゲーション「見逃してませんか あなたの町の魅力」

    コロナ禍で大打撃を受けた観光業。しかし今こそ、古いやり方を捨て、新しい世界に通用する観光地に生まれ変わるチャンスかも!コロナ時代の観光のあり方を探る。 コロナ禍は、以前からあった社会の矛盾や課題をあぶり出したと言われる。観光業なら「山の旅館で食べさせられる夕食の刺身」「行きたくもない場所に連れて行かれるパックツアー」などなど…。こうした課題をクリアするキーワードが、「データマーケティング」と「何でもない日常体験」だ。これらの課題にコロナ前から取り組んできた、宮城・気仙沼と岐阜・飛騨の事例を参考に、コロナ時代に通用する新しい観光を考える。