ニュース速報

    中国地方推し! @okayama 「ごめんね」母が残したもの

    母は繰り返した―。「男の子に生んであげられなくてごめんね」。この春、大学進学でひとり立ちする21歳のトランスジェンダーと、その母親との葛藤と愛のドキュメンタリー 母が子に繰り返した―。「男の子に生んであげられなくてごめんね」。生まれたときの体の形を見て、紛れもなく「女の子」と思って育ててきた。しかし心は「男の子」だった。母親はその体に生んだという“償い”の気持ちで、我が子が生きたい性になれるよう駆け回った。この春、大学進学で家を離れる。トランスジェンダーの子どもが自信を持って歩み出すために、母親からもらった大切なものとは?親子の葛藤と愛のドキュメンタリー