(114)「ショパンよ母に届け」

    落ち込んで家に戻ってきた桜子(宮﨑あおい)の話を聞き、磯(室井滋)はかね(戸田恵子)のもとを訪ねる。磯は、意地を張らずに桜子の気持ちをくんでやってほしいと言うが、桜子の人生を考えろと言ったのは誰だと返され、何も言えなくなる。それでも桜子は山長で達彦がよく弾いていたショパンの曲を弾き、かねに思いを語ると、かねは桜子の思いを受け入れる。桜子はかねを看(み)取る決心をし、初めてかねを「お母さん」と呼ぶ。