ニュース速報

    (27)「運命の分かれ道」

    斉藤(劇団ひとり)は婚約を白紙に戻す理由として、遠方にある最先端の研究施設に薦められたと言う。桜子(宮﨑あおい)は意気消沈するものの、斉藤の出世に理解を示そうとする。ところが斉藤が岡崎を去る日、勇太郎(松澤傑)が電報の破片を発見。実は、斉藤の実家が倒産し借金を背負ったことが判明。桜子は斉藤を追いかけ、2人は運よく出くわすが、「桜子を巻き添えにするわけにはいかない」と、斉藤は最後の別れを告げる。