(109)「ショパンよ母に届け」

    久しぶりに山長に戻ってきた桜子(宮﨑あおい)は、かね(戸田恵子)の妹のタネ(秋山菜津子)とその夫・利雄(六角精児)が山長で幅をきかせていることを知る。桜子は野木山(徳井優)から帳簿と金庫の金額が合わないと聞き、かねに相談するが取り合おうとしないうえ、タネ夫婦の横やりが入る。さらに、桜子はタネの子・太郎の勉強を見させられることになるが、全然言うことを聞かないうえに、桜子は居候呼ばわりされてしまう。