(119)「来ぬ春を待ちわびて」

    山長の者たちとの別れのあいさつを済ませた桜子(宮﨑あおい)は、家に戻り磯(室井滋)と徳治郎(八名信夫)に慰められるものの、むなしさは残る。そんな折、東京にいるはずの冬吾(西島秀俊)がふと有森家に現れる。冬吾は、音楽活動をあきらめてしまった桜子を鼓舞しようと、すべての楽譜を燃やそうとする。桜子は大切なものが何かを改めて実感する。冬吾が去った翌日、桜子は、ラジオで東京大空襲のニュースを聞く。