ニュース速報

    松本清張ドラマスペシャル「顔」

    1956年に発表された清張の原点ともいえる傑作短編小説「顔」をドラマ化。昭和31年の東京、売れない劇団俳優・井野(谷原章介)は、同じ劇団の看板女優・瞳(原田夏希)が主演する大作映画の相手役に抜擢(ばってき)される。一躍、スターへの道を歩み始めた井野。しかし、井野には秘密の過去があった。映画が注目されて「顔」が売れ、過去が暴かれることを恐れた井野の心に、過去を抹殺するためのシナリオが芽生える。