【参院選2022】たっぷり選挙チャンネル③候補者の訴えを知ろう(7月1日放送)

記者・小田原かれん
2022年7月1日 午後4:39 公開

ニュースを見ていても、候補者の訴えの違いがよくわからない・・・。自分と考えが少しでも近い候補は誰だろう?よくわからないとお悩みの方、参考にしてみてください。再生!

【読む選挙チャンネル③】

安川侑希:参議院選挙ついてわかりやすく解説する動画「たっぷり選挙チャンネル」、略して!
2人:「たぷチャン」!
キャスター:今回は初登場、小田原記者とお伝えします。
小田原かれん記者:よろしくお願いします。
キャスター:小田原さん、今回のテーマは?
記者:「候補者の訴えを知ろう!」です。安川さんはどうやって選挙の投票先を選んでいますか?
キャスター:私はキャスターの仕事をしているので、番組でお伝えしている候補者の情報や演説のVTRは参考になりますよね。
記者:安川さん。
キャスター:はい。
記者:模範解答ありがとうございます。
キャスター:NHKなんで!でも正直にいうと、詳しい政策、例えば環境問題とかコロナ対策とか、関心がある個別のテーマをどう考えているのかは放送だけじゃ分からないことも多いなと感じています。
記者:そうですよね。私も正直に言うと、政策といってもたくさんのテーマがあるので、ニュース番組の限られた時間の中で、それぞれの候補者の考えを十分に視聴者の方が比べられるようにするのは難しいなと感じています。
キャスター:本当に正直ですね。
記者:そうなんです。でも安心してください。NHKでは放送で伝えきれない候補者の訴えについてアンケートを行った結果をインターネットで公開しています!
キャスター:そうなんですか!
記者:そうなんです
キャスター:早く教えてくださいよ~。記者:任せてください。私の手元のQRコードをスマートフォンのカメラ機能などで読み取ってみてください。(記事をご覧の方は下のリンクから)

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/survey/50766.html

[NHK参議院選挙]静岡 候補者アンケート|NHK

キャスター:でてきましたね。「NHK参院選2022候補者アンケート」。これですね。
記者:アンケートは今回の参議院選挙の選挙区と比例代表のすべての候補者を対象に行いました。
最も取り組みたいテーマ、岸田政権の評価、新型コロナウイルス対策など25問について、候補者が選択肢から選んだ回答を表示しています。

記者:例えば「新型コロナ対策で政府がより重点を置くべきは『感染拡大の防止』か『経済活動の回復』か」という質問で、静岡選挙区の候補者が選択した回答は、「どちらかといえば感染拡大の防止」「どちらかといえば経済活動の回復」そして、「経済活動の回復」の3つに分かれました。

キャスター:考え方の違いがわかりますね。
記者:そうですね。記者:もうひとつやってほしいものがあります。こちら。「ボートマッチ」。

参議院選挙2022 ボートマッチ|NHK

ボートマッチ 参議院選挙2022 候補者とのマッチング NHK

記者:有権者のみなさん自身が候補者と同じアンケートに回答していくことで自分とそれぞれの候補者の回答の一致度、つまり誰が自分の考えに近いのかがわかるんです。安川さんもやってみてください。

キャスター:では。スタートして・・・。あ、へえ。すごい。なるほど。
記者:出てきましたか。似た考えの候補者はいましたか?
キャスター:画面はお見せできませんが、候補者ごとに一致度が分かるんですね。これだけで決めるかどうかわからないけど、参考になります。
記者:さらに静岡選挙区の候補者に対しては、リニア中央新幹線や川勝県政に関する質問も記述式で尋ねています。ぜひ参考にして、投票に行ってください!「たっぷり選挙チャンネル」でした!
キャスター:次回も見てください~。