【参院選2022】たっぷり選挙チャンネル②コロナでも投票したい(6月30日放送)

記者・牧本真由美
2022年6月30日 午後4:39 公開

新型コロナウイルスに感染したら投票できないの?1票を大切にしたいのに・・・。

そんな悩みに答えます。再生!

【読む選挙チャンネル②】

後藤康之キャスター:参議院選挙ついてわかりやすく解説する動画「たっぷり選挙チャンネル!」、略して「たぷチャン」!2回目は牧本記者とお伝えします。
牧本真由美記者:よろしくお願いします。
キャスター:牧本さん、2回目のテーマはなんでしょうか?
記者:きょうのテーマは「コロナでも投票」です。新型コロナウイルスに感染して「外出は自粛してください」と言われたから投票所に行けないや、と思っている方、諦めないでください!
キャスター:どうすればいいんですか?。
記者:郵便で投票できます。

キャスター:郵便投票って、障害のある方や介護が必要な方は利用できると聞いたことがあるんですが、コロナ感染でも郵便投票できるんですか。
記者:はい。去年6月に対象になりました。外出自粛要請を受けて病院や自宅、ホテルなどで療養中の方、そして海外から帰国して施設などで待機している方も対象になりました。
キャスター:今回の投票が初めての郵便投票になる人も多いと思いますが、具体的にはどうやったらいいんでしょうか?
記者:結構手間がかかるので、しっかり聞いてください。

記者:まず、自分が住んでいる地域の選挙管理委員会に電話をします。そうするとこうしたキットが送られてきます。これは浜松市中区の選挙管理委員会から借りたものです。 キャスター:中身を見せてもらいますね。ずいぶん膨らんでいるんですね。まずは書類ですね。それから除菌シートが入ってます。それから封筒。マスクと手袋。それに大きい透明の袋も入ってるんですね。

記者:こうした手袋などが今回の郵便投票から入ったものです。配達員の感染を防ぐために新しいグッズが入りました。やり方ですが、最初に投票用紙を請求しなければならないので、請求書に記入してください。手袋とマスクをつけて、書いたものを封筒に入れます。さらに透明な袋に入れてください。
キャスター:封筒をさらに袋に入れる。
記者:そうなんです。それを除菌シートでしっかり拭いて、さらにこれを別の人に渡して、別の人に投函してもらってください。

キャスター:そうなんですね。これを介してコロナの感染を広がらないようにしようという配慮でこういうキットが送られるということなんすね。
記者:はい、大事ですよね。請求書は自治体のホームページからもダウンロードできるので、その場合には、自分自身でこうした感染対策をしっかりとった上で投函してください。請求書が選挙管理委員会に届くと、選挙管理委員会から投票用紙キットが送られてきます。次のステップとして、投票用紙に投票先を書いてまた送り返す。それが一票になります。結構わかりにくいので、もう一度復習しますね。

記者:まずは選挙管理委員会に電話をします。すると投票用紙を請求するキットが一式送られてきます。さらにその投票用紙の請求書を送ると、投票用紙が送られてきます。ようやくその投票用紙に投票先を書いて送る、これが一票につながるということなんですね。

キャスター:ということは、最初に電話をかけてから、郵送で2往復あるということですよね。ということはこれ投票日に間に合わせようと思ったら、時間がかかりそうですね。
記者:そうなんです。期日があるので気をつけなくてはいけません。最初の請求書が選挙管理委員会に届くのが選挙期日の4日前、つまり今回ですと、7月6日までに届いていないといけません。
キャスター:ということはちょっと手間がかかりますが、体調が許すならば貴重な一票ですから行使してほしいですね。記者:そうですね。静岡県では、去年(2021年)10月に行われた参議院の補欠選挙で2票、衆議院の小選挙区と比例でそれぞれ7票がこの郵便投票を使って投票されました。記者:ただ気をつけてほしいのは、濃厚接触者はこの制度の対象ではないんです。
キャスター:そうなんですか。濃厚接触の人は、投票所に行って投票しなければいけないということですか。
記者:そうなんです。投票に出かけるのは、「不要不急の外出」にはあたらないという考え方なんです。投票所では、定期的な換気が行われていて、記載台や鉛筆なども消毒されています。あの手この手で対策がされています。もし自分が感染していたとしてもほかの人にうつさないという意識をして投票していただきたいと思います。最近では屋外では会話をしなければマスクをはずしていいと言われていますが、投票所の中では距離をとるのが難しいですから、基本的な感染対策を大切にして、そしてあなたの一票も大切にしてほしいと思います。

キャスター:きょうは、コロナに感染した場合の郵便投票について牧本記者とお伝えしました。最後までご視聴ありがとうございました。
記者:ありがとうございました。

参議院選挙2022 静岡選挙区