#しずきゅん自転車旅~三島編② 加藤諒 ”水の都”を訪ねて~

ディレクター 伊藤悠一
2022年3月1日 午後3:51 公開

2021年3月に開局90年を迎えたNHK静岡放送局。この1年、「#静岡にきゅんです」というテーマを掲げて、県内各地を自転車で旅する「しずきゅん自転車旅」を「たっぷり静岡」で放送しています。静岡のみなさんの胸のときめき「きゅん」を投稿という形で集めて発信、静岡の魅力を再発見しよう!そんな私たちの思いを込めています。

今回は、三島市を旅した第2弾!静岡市出身の俳優・加藤諒さんが旅しました。

<<記事下部に、全編動画あり!!>>

(加藤諒さん)「水の都と言われる三島。特にまちの中心を流れる源兵衛川は美しいです。そんな川を毎日掃除している方がいます。地域の大切な自然を守ろうとする姿にきゅんです」

(加藤さん)「川とかって汚れる、ゴミ捨てちゃう人とかもチラホラいる。こういう方がいるからきれいに保たれているんじゃないですか。この時点できゅんです」

掃除している方に会うために、源兵衛川へ向かいました。

源兵衛川は、市街地を通り中郷温水池まで流れる全長およそ1.5キロの農業用水路です。三島駅前の「楽寿園」に湧き出る富士山の伏流水が源流となっています。

**

(加藤さん)「思っていたより冷たくないです。気持ちいい~。すごい水湧き出てる~!すごいですね、水資源が豊富」**

三島を流れる川は50以上あり、多くが清流です。そのため、「水の都」と言われています。

川を掃除している人を探す加藤さんですが…。

**

(加藤さん)「何か香ばしい匂いがする。これなんですか?」**

(店員)「コーヒー豆の焙煎所ですね」

(加藤さん)「この香ばしいにおいってコーヒーだったんですね」

(店員)「いま焙煎していますので、もしよければ中のほうに」

(加藤さん)「(お店の)中に入れるんですか。失礼します!」

出迎えてくれたのは、オーナーの岡田裕二さん。ふだんは都内に務める会社員で、休日に趣味でコーヒー店を開いているんだそう。

(加藤さん)「ふだんは都内で?」

(岡田さん)「今コロナなのでリモートワークで自宅でやっている感じです」

(加藤さん)「自宅は三島?」

(岡田さん)「はい。妻が沼津出身なんですけど、その縁もあって、私のほうが(三島を)気に入ってしまった」

10年前に移住してきた岡田さんは、三島の湧き水が大のお気に入り。近所でくんだ水でコーヒーを淹れると飲みやすく、香りも引き立つんだとか。

**

(加藤さん)「あー最高。三島のお水が柔らかいからすごいコーヒーに合いますね」**

**

(加藤さん)「源兵衛川に毎日掃除している方がいるのを、うわさで聞いたんですが知っていますか?」**

(岡田さん)「この裏の源兵衛川はいつも山口さんのおかげでとてもきれい。すごくお世話になっています」

(加藤さん)「山口さんに会いにいってみます!」

岡田さんからの情報をもとに、川沿いを歩いて行くと…

**

(加藤)「こんにちは、加藤諒と申します」**

(山口さん)「山口です」

(加藤)「あ、山口さんということは毎日川を掃除されている方ですか?」

(山口さん)「そうです、年間300日やってます」

源兵衛川沿いに住む山口東司さん、79歳。20年も川の掃除を続けているんだそうです

特に入念にしているのが、梅花藻(ばいかも)という水草の世話です。

(山口さん)「この梅花藻は落ち葉を取ったり、ヘドロみたいなものを取ってやらないと溶けてなくなっちゃう」

(加藤さん)「溶けちゃうんですね?すごく繊細な植物なんですね」

梅花藻はきれいな水の中でしか育たないため、 川の美しさの指標になるのだそう。静岡県では絶滅危惧種に指定されるなど、とても貴重なものなんです

三島は古くから富士山の伏流水が街中に流れ、市民の生活に欠かせないものでした。

しかし…

こちらは、1980年代の源兵衛川の様子です。家庭排水やゴミで川が汚れ「どぶ川」とまで言われるようになってしまいます。

きれいな川を取り戻したい。立ち上がったのは、市民で結成されたNPO法人「グラウンドワーク三島」でした。山口さんもその一員として、毎日川に通い続けました。その甲斐もあり、清流は見事によみがえったのです。

(山口さん)「世界水遺産に登録された川です」

(加藤さん)「えー!すごい」

(山口さん)「それだけ価値のある川ですからね。後世に残すためにきれいにしています」

2018年に世界水遺産に登録された源兵衛川。水の美しさだけでなく、地域の発展や歴史も含めて評価されたそうです。

そして、清流の証といわれるホタル。一時姿を消していましたが、美しい川に惹かれ戻ってきました

**

(加藤さん)「ずっと続けるのは大変だと思うんですが、いつまで続けたいですか」**

(山口さん)「あと4.5年くらい。みんなが来て、きれいだなぁ、心が和んだ、癒やされるというのを聞くと力になる、85歳くらいまでは頑張ってみようかなぁと」

(加藤さん)「それだけ川を愛しているってことですよね」

(山口さん)「やっぱり、心配にもなるし」

20年以上掃除を続ける山口さんの”川を守る”という思いと、優しさに触れた旅でした。

【動画 全編はこちら】

【今回行った場所】

●源兵衛川

水の都・三島を代表する水辺スポット。三島駅南口から5分ほど。

●COFFEE&CO.(コーヒーの店)

住所:静岡県三島市南本町8―26

営業日は、毎週土曜日のみ。

加藤諒さんの三島旅・第1弾は、下の「関連リンク」から見ることができます(全編動画あり)