ニュース速報

「スポーツで脳が変わる 〜発達障害・療育の最前線〜」

サッカーや柔道で発達障害の子どもと向き合う!中国地方の取り組み▽コミュニケーション能力を高めるスポーツの可能性▽自閉スペクトラム症などの療育!その最新プログラム 発達障害の子どもたちに対する療育方法が変わろうとしている。適切な運動を取り入れることで、行動面や情緒面に改善がみられるという報告が相次いでいるのだ。小中学生の15人に1人に可能性があるといわれる発達障害。東京大学をはじめとする最新の研究データをもとに、発達障害と運動との関連性やその効果を取材。中国地方でも柔道やサッカーなどのスポーツを通じた取り組みがすでに始まっていた。療育現場の最前線に迫る。