ニュース速報

「悲しみから逃げない 〜没後70年 原民喜の言葉〜」

作家、原民喜を知っていますか?彼の作品「鎮魂歌」が、今、静かな注目と共感を集めています。悲しみに、あえて真正面から向き合うこの作品の、不思議な力をお伝えします。 「自分のために生きるな、死んだ人たちの嘆きのためだけに生きよ」そんな独特のフレーズが繰り返される作品があります。広島出身の作家・原民喜が書いた「鎮魂歌」。広島での被爆体験をつづったこの作品が今、静かな注目を集めています。詩のようでもあり、小説のようでもあるこの不思議な作品を、作家の又吉直樹、梯久美子、平野啓一郎が読み解きます。何かと不安の多い今、あなたの心に刺さる言葉が見つかるかもしれませんよ。