「〜ルソン島、戦火の約束〜」

長年小さな写真館を凛子(岸惠子)と綾(渡辺美佐子)は営んできたが綾が亡くなり、不動産社員・門井(林遣都)に従い、凛子は売却を決意。ひそかな恋心を凛子に持つ田宮(伊東四朗)は嘆き悲しむ。そこに一通の手紙が届く。昭和20年のマニラ空襲で亡くなったはずの、綾の弟からの手紙だった。フィリピン時代の事を何も語らない凛子。昭和20年ルソン島の日々、凛子(清原果耶)と綾(山口まゆ)二人だけの秘密があったのだ!

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事