ニュース速報

「届けなければアートはゴミだ NY美術家 松山智一」

ビル・ゲイツや世界の有名美術館がその作品を購入する、ニューヨーク在住の美術家・松山智一。コロナ禍の逆境すらも、自らの創作の力にしてしまおうという奮闘ぶりに密着! 「俺にピカソのような才能はない」。そう語る松山は20代で渡米、日本人中心の勤勉なチームを作り、欲望渦巻くアメリカで駆け上がってきた。2020年は凱旋帰国の年のはずだった。オリンピックを控え、明治神宮と新宿駅前でプロジェクトが進んでいた。だが滞在中、新型コロナウイルスの波に飲み込まれ、多数のプロジェクトが中断、自分のチームは崩壊の危機に。激動の300日を記録。その先に、世界を股にかける劇的な結末が