ニュース速報

「命を描く画家 集大成の絵に挑む」

70種類もの鳥と暮らす日本画家・上村淳之さん87歳。鳥や花を生き生きと描く「花鳥画」の大家。がんを患いながら祇園祭の天井画に挑む。魂の日本画家、2年間の記録。 70種類1000羽もの鳥と自宅で暮らし絵を描く日本画家・上村淳之さん87歳。独特の色彩表現で鳥や花を生き生きと描く「花鳥画」の大家だ。いま、挑んでいるのが京都・祇園祭のほこに飾る天井画。日本の四季を鮮やかに20枚で表現する予定だ。80を超え気力も体力も落ちていくなか、胃がんも再発。度重なる試練にあいながらも集大成の絵を描こうと奮闘する上村さんに密着。魂の日本画家、2年間の記録。