ニュース速報

「オストメイトモデル 私が“モデル”になった理由」

病気や障害などで人工肛門やぼうこうをお腹に作った人は“オストメイト”と呼ばれる。国内に約21万人。周囲の偏見や無理解を恐れ、その存在を隠して生きる人も少なくない “オストメイト”が置かれている環境を変えたい…立ち上がったエマ・大辻・ピックルスさん、42歳の奮闘記▽彼女がモデルになった理由とは?▽もう恋なんてできない…人工肛門になって落ち込んでいた日々▽同じ“オストメイト”の少女がくれた勇気とは?▽外国企業とモデルの契約交渉…果たして結果は?