ニュース速報

これからのエピソード

  • 4月15日(木) 午後4:20 午後4:35

    家を追い出された吉平(伊原剛志)は、朝市(窪田正孝)の計らいで教会の図書室に寝泊りしていた。それを知ってやって来たはな(吉高由里子)は、なぜ「間違いなどなかった」と言い切らなかったのかと吉平を責め、吉平の肩を持つ朝市ともけんかしてしまう。そんな中、はなが先日手紙を送った福岡の蓮子(仲間由紀恵)から返事が。蓮子は娘の冬子(城戸愛莉)を修和女学校へ進学させるため奔走していたが、伝助(吉田鋼太郎)は…

    4月15日(木)午後4:20ほか 放送予定へ
    • 4月15日(木) 午後4:35 午後4:50

      周造(石橋蓮司)が倒れたとの知らせを受け、急いで駆けつけたはな(吉高由里子)。周造は一命を取り留めたものの、医者に「次に発作が起きたら覚悟するように」と言われ、ふじ(室井滋)は自分を責める。吉平(伊原剛志)は何か手伝えることがあればとふじに声をかけるが、リン(松本明子)にすげなく追い返されてしまう。はなが納屋に周造のかいまきを取りに行くと、枕元にはなの書いた『たんぽぽの目』の本が置いてあり…

      4月15日(木)午後4:35ほか 放送予定へ

      最近放送したエピソード

      • 総合
        4月14日(水) 午後4:35 午後4:50

        はな(吉高由里子)がリン(松本明子)に連れられ家に駆けつけると、ふじ(室井滋)が見知らぬ女・サダ(霧島れいか)と対じしていた。サダは、かつて木賃宿で吉平(伊原剛志)と夫婦のように暮らし、一緒になると約束したから迎えに来た、と話す。ふじは「うちの人に限ってそんなことはあるはずない」と反論するが、サダは決定的な“証拠”を指し示す。周造(石橋蓮司)はじめ一同が絶句する中、吉平が帰って来る…

        配信中
        • 総合
          4月14日(水) 午後4:20 午後4:35

          ある日、東京から梶原(藤本隆宏)が、安東家にはな(吉高由里子)を訪ねて来る。梶原は新刊の「たんぽぽの目」をはなに渡し、あらためて新しい出版社へ誘うが、はなはふじ(室井滋)や周造(石橋蓮司)を置いて甲府を離れる訳にはいかない、と断る。その夜はなは、福岡の蓮子(仲間由紀恵)に手紙を書くのだった。そんなある日、はなは朝市(窪田正孝)に「大事な話がある」と言われ、教会の図書室で待ち合わせをすることに…

          配信中

          この番組について

          「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる、波乱万丈の半生記です。 山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へ進んだヒロイン・花子は、震災や戦争を乗りこえ、子どもたちに夢と希望を送り届けます。 【原案】 村岡恵理 『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』 【脚本】 中園ミホ 【音楽】 梶浦由記 【主題歌】 絢香 『にじいろ』 【語り】 美輪明宏 【初回放送】2014年3月31日から9月27日 総合

          • 安東はな (吉高由里子)

          • 安東吉平 (伊原剛志)

          • 安東ふじ (室井滋)

          • 安東周造 (石橋蓮司)

          • 安東吉太郎 (賀来賢人)

          • 安東かよ (黒木華)

          • 安東もも (土屋太鳳)

          • 村岡英治 (鈴木亮平)

          • 嘉納蓮子 (仲間由紀恵)

          再放送

          • 総合
            毎週月曜~金曜 午後4時20分