ニュース速報

「いたずら描きとさんぽ」

「魔女の宅急便」で知られる作家・角野栄子さんは、何の変哲もない毎日をいきいきと変える達人。「魔法」のひとつは、わざと迷子になるいたずら歩きと、いたずら描き? 夕方の散歩が日課の角野栄子さん。行く先を決めずでたらめに歩き、心が動く何かと出会うのを待つ。トンビを見れば彼らの会話を想像し、浜辺で陶器の破片を拾っては海のかなたに思いをはせる。いつも持ち歩く黒革の手帳は、思いつくまま書き散らした落書きだらけ。そんな中から、いつのまにか新しい物語が生まれてくる。「遊んでふざけて楽しむ気持ちが自分を生き生きさせてくれる」という角野さん。暮らしを楽しむ魔法をひもとく。

出演者

  • 出演 角野栄子 (児童文学作家)

    1935年東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒。 1959年からブラジルに2年滞在。 その経験をもとにした「ルイジンニョ少年」で作家デビュー。 「魔女の宅急便」「ちいさなおばけ」シリーズをはじめ著書多数。 2018年“児童文学のノーベル賞”といわれる国際アンデルセン賞作家賞受賞。

  • 語り 伊藤沙莉 (俳優)

    1994年千葉県生まれ。2003年9歳でドラマデビュー。 独特の個性と確かな演技力で作品にスパイス的な色を添える貴重な存在として、 「ひよっこ」「いいね!光源氏くん」「全裸監督」など多数の作品に出演。 2020年ギャラクシー賞テレビ部門個人賞、東京ドラマアウォード2020で助演女優賞。

  • テーマ音楽 藤倉大 (作曲家)