お知らせ

この番組について

いつの時代も若者を熱狂させ、ときめかせる“アイドル”。 昭和初期から終戦間際まで、戦時下の日本で、1日も休むことなく営業を続けた劇場「ムーラン・ルージュ 新宿座」。そこは、“アイドルに会いに行ける劇場”でもあった。 ファンとともに成長し、劇場の絶対的エースとなった明日待子(あした・まつこ)。 日本が戦争へと進む中でも、ファンの声援に笑顔で応え、ステージで歌い、踊り続けた… この番組のテーマは“戦時下のエンターテインメント”です。明日待子という一人のアイドルの青春を描いたドラマでもあり、劇場での歌とダンスを贅沢に物語に取り込んだ、音楽ステージ・ショーでもあります。当時実在した登場人物や劇場をベースとした、オリジナル作品です。 【あらすじ】 昭和11年、岩手から上京した小野寺とし子(古川琴音)はスターになるため、新宿の劇場 ムーラン・ルージュのオーディションを受ける。その場で支配人兼プロデューサーの佐々木千里(椎名桔平)や劇場の看板女優・高輪芳子(愛希れいか)の目に留まり、座員として劇場で働き始める。 とし子は下積み生活を続け、寝る間を惜しみ、1日の大半を稽古や本番のステージに費やしていた。 そんな中、ある事がきっかけで、とし子はステージのセンターに立ち、歌い踊ることになる。 半年後、とし子は名前を“明日待子”に変え、同僚の小柳ナナ子(田村芽実)らとともに、若手グループを結成し、圧倒的人気を誇っていた。大勢のファンが詰めかけ、劇場は連日満員御礼となった。待子は不動のセンターとなり、ファン一人一人の恋人“アイドール”となった。 その一方、日本は戦争へ突き進み、その影響はムーラン・ルージュにも及んだ。劇場のシンボルだった赤い風車が取り外され、看板俳優の山口正太郎(山崎育三郎)も出征し、やがて待子も戦地のファンの 期待に応えようと、戦争に協力していく…。 【作】八津弘幸 (連続テレビ小説「おちょやん」、「半沢直樹」、「下町ロケット」、「陸王」など) 【音楽】宮川彬良 【出演】古川琴音 山崎育三郎 愛希れいか 正門良規 (Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) 田村芽実 椎名桔平 ほか 【制作統括】内田ゆき 【プロデューサー】渡辺哲也 石村将太 【演出】鈴木航 【ステージ演出】池田泰洋

出演者・キャストほか

  • 小野寺とし子/明日待子 (古川琴音)

    上京し、ムーラン・ルージュのオーディションに受かり、座員となる。下積み時代を過ごす中、ある事がきっかけで、センターに抜擢され、トップアイドルへの道を歩み始める。

  • 山口正太郎 (山崎育三郎)

    ムーラン・ルージュ初期から参加し、劇場の看板俳優として活躍する。面倒見の良い、兄貴的存在で、座員たちのことを気にかけ、待子やナナ子のあこがれの先輩でもある。

  • 高輪芳子 (愛希れいか)

    ムーラン・ルージュを代表するトップスター。過去に松竹歌劇団のマドンナとして期待されるも、挫折し退団。そんな中、千里に拾われる。待子が目標とし、背中を追い続ける存在。

  • 須貝富安 (正門良規)

    青年兵士に襲われそうになった待子を助けた学生。その後、待子のことが気になり、劇場にファンとして、通い始める。そして、歌い踊る、待子の姿に魅せられていく。

  • 小柳ナナ子 (田村芽実)

    待子と同じ時期にムーラン・ルージュに入り、ともに成長し、競い合う、親友であり、良きライバル。やがて待子と二枚看板のアイドルとなり、劇場の全盛期を支える。

  • 佐々木千里 (椎名桔平)

    ムーラン・ルージュの支配人であり、演出にも口を出す、敏腕プロデューサー。 待子などの新人を発掘、育成し、劇場を連日満員にして知名度を上げ、成功を収めていく。

放送

  • 総合
    2022年8月11日(木・祝) よる7:30~8:43 <73分>
  • BSプレミアム
    2022年8月29日(月) よる9:00~10:29 <89分>
  • BS4K
    2022年8月29日(月) よる9:00~10:29 <89分>