ニュース速報

    空港ピアノ

    「仙台 vol.4」

    初回放送日: 2021年5月17日

    東日本大震災から10年。仙台空港に期間限定で設置された「復興ピアノ」。津波をかぶり、がれきの中からよみがえったピアノだ。訪れた人々はどんな思いで曲を弾くのか。 2021年2月、仙台空港にところどころ傷が残る一台のピアノが期間限定で置かれた。宮城県七ヶ浜町で津波をかぶり、修復された「復興ピアノ」。このピアノを弾きに来た母親。幼なじみの男女の連弾。定年退職後、弾き語りを始めた男性。ピアノを弾くことで前向きになれたという元不登校の青年。復興の願いを込めて「北国の春」を弾いた78歳の女性。40歳でピアノを始めた男性…様々な人々が心のメロディーを奏でる。